コース

コース図

course

PDFで開く

course

PDFで開く

ご注意
・コースは天候等により変更になる場合があります。
・10マイルにてスタート後2時間以内にエイドステーションを通過出来なかった場合失格となります。

コースガイダンス(10マイル)

ot-01おんじゅくオーシャントレイルコースは、2kmにおよぶ砂浜のビーチや、漁民の集落を通る浜の道、海難救助の歴史を残す「メキシコ記念塔」の丘やダイナミックな海岸線を望む稜線上の林道など、通常の山岳トレイルとは趣の異なるトレイルです。コースの最高地点はわずか100m。累積高低差は631m足らずですが、外房の大海原を眼下に潮風を浴びて、そのむかし漁に向かう海女(あま)が通ったという古道など、御宿ならではの浜里のトレイルを走ります。

ot-02

コースは御宿中央海岸ステージ前をスタート後、御宿のシンボル「月の砂漠像」の前を通過し、浜を上がって一般道をしばらく進み漁民の集落「岩和田」の街中を通り抜けます。コースは徐々に登りとなり、旧サンドスキー場の砂丘を走ったあとトレイルに分け入ります。

ot-04

再び岩和田集落を通り「メキシコ記念塔」の丘を目指します(この地点で5km強)。その後一般道のT字路を左折し約1km走るとコースは海岸線に向かいます。

ot-03

「小浦」の浜に出た後、トンネル状の笹の道、林間のトレイルを進みます。このエリアは潮風が稜線を駆け抜けるとても気持ちのいいコースです(約8km地点)。

ot-05

途中、約20mの急坂を駆け上がり、尾根上の古道に出て約1km進むと眼下にひょうたん状の池が見えてきます。トレイルを下り一般道に出て左折し、しばらく走り再びトレイルに入り岩和田林道に向かいます。途中小川に架かる仮設橋を渡り雑木林のトレイルを進みます。

ot-07

10km地点を通過した先の分岐を右折し、今度は往路で通った旧サンドスキー場の砂丘地を逆に進みます。誘導員の指示に従い集落内を下ります。

ot-06

その後は再び「メキシコ記念塔」のトレイルを登り、一般道を下ったあと今度はT字路を右折します。

ot-08

途中コースは一般道から岩和田漁港内を通過し浜を目指します。この地点で残り約1km。最後は海を見ながら砂浜を走り、スタートした御宿中央海岸ステージ前でゴールとなります。

ot-09

マイカップ持参のお願い

本大会は、ごみ減量化と省資源化のため、エイドステーションに紙コップの用意はありませんので、マイカップの持参のご協力をお願いします。

bringmycup-300x150

ストックの使用

使用不可となります。