Header-image

Back Number: Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7


Vol.1

皆様こんにちは。シンガーソングライターの高橋ちかです。

去年の暮れの事になりますが、トレイルランの大会に初参加してきました!房総半島の南部、鋸南町と富津市の境にある鋸山を走るトレイルランレース。そもそもなぜミュージシャンの私がトレイルに興味を持ったかというと、、、3年前ぐらいから、トレイルランのゴール会場を盛り上げるLIVEのお仕事で会場に来ていました。そこで40km、80km 山を走ってゴールしてくる選手達をむかえながら歌を歌う。最初は、こんなに長い距離を走る、しかも山を?みんなちょっとおかしい!って思っていたんですよ。(ごめんなさい、笑)
でも、泥だらけで帰ってくる選手達の姿や、やり遂げた笑顔を見ているうちに、きっと、私がまだ知らない魅力があるんだろうなーと思って、いつかチャレンジしたいと思っていました。私も、走るのは好きでロードを週に1回程度、6~7kmのジョギングをしています。毎年ハーフマラソンに出場しているんですよ。緑の中を走ったらきっと気持ちがいいんだろうなーっと。

そして2014年12月13日
ついに鋸山トレイルランレース14kmに、初めての出走!大会の参加者は2000人ぐらい。距離も短めということで、ほぼ半分の方がビギナーの方みたいでした。少し風は強いけど、いい天気。ドキドキしながらのスタート!

最初は、アスファルトの緩やかな登り。そこから、森の中へ入ると、根っこだらけの道。山の奥へ奥へと進む木のトンネル。まるでトトロを追いかけている様なワクワクとした気持ちでした!木の枝をよけながら、ゴツゴツとした不安定な足場を確かめながら、一歩ずつゆっくりゆっくり。登りは走れるなんて状況じゃなくてほぼハイキングに近い感じでした。少し登り進むと急に景色が開けて、遠くの山がとても綺麗に見えました!いい景色を見ながら、座って少し休憩。
そのあとは、ふかふかの落ち葉の上を走る、沢の脇の道を爽やかに走って真っ暗な石のトンネルを抜けて歴史ある石切場を見ながらハイカーの方とも声を掛けあったり楽しく走れました。お腹が空いてしまって、エイド(補給所)ではバナナを沢山食べました。なんだか本当に美味しく感じましたね。
今回、水分も食べ物も何も持っていなかったのでもう少し距離を伸ばすなら、水やエナジーフードも持って走った方がいいかなぁ、と思いました。一歩足を滑らせてしまえば下へ落ちてしまいそうなちょっと怖い場所や足が埋まってしまう様なぬかるんだ道。ロープを掴んでよじ登る場所など、普通にロードを走っていたら味わえなかったアドベンチャー体験。それが大きな魅力だと思いました。
今回はカメラマンさんと一緒にゆっくり走ったので、余力を残しつつ笑顔でゴール!!次はもう少しガチンコで走りたいと思います。

普段ロードの大会に出る時は淡々とアスファルトを踏みしめて、孤独に走るイメージ。トレイルの場合は、色んな景色や出来事があって、ワクワクして心が外に向かっていく感じ。笑顔になる瞬間が沢山あって、すごくあっという間でした!そこが大きな違いかなぁーっと思いました。

初トレイルラン体験、とても楽しく走れました。これからもっと色んな山を走ってみたいし距離もどんどん伸ばしていきたいです。目標は、距離100kmウルトラトレイルランレースの完走!!ここから2年かけて少しずつトレーニングして、楽しく完走できる体づくりをしていきたいと思います。とりあえず今年は、長野 美ヶ原で40kmを完走する事を目標にしました!
学生時代はずっと体育2。最近まで走る事が大嫌いだった私にとってはかなりのチャレンジ!

というわけで、先日おんじゅくオーシャントレイルのあと行われたトレイルラン講習会にも参加しました!

講師は、トレイルランナーの小川 壮太さん。小川さんは小学校の先生でいながら、トップアスリートとして世界の舞台で活躍されていて、なんとこの春プロに転向されるそうです!!優しい爽やかな笑顔が素敵ー!そしてやっぱり教え方がとても上手で、すごくわかりやすかったです。

講習会で習ったことは、

・体の軸をまっすぐに保つことで、地面からの反発で効率よく走る。

・骨盤、肩甲骨の動きを推進力にする体の使い方。

・太ももの筋肉をなるべく消耗せず登る裏ワザ。

など色々な場面で楽しくコースを通過するコツを伝授して下さいました!
今後は小川壮太さんに色々コーチして貰って、もっと走れる様に頑張っていきたいと思います!小川塾入門!

講習会のあとの雑談で、体育2だったからこそ、トレランに行き着いたんじゃない?(笑)っと小川さんに言われて妙に納得。。確かに色々不器用だったから、景色を楽しみながら長く走るトレイルランがいいと思ったのかも知れないですね。おんじゅくオーシャントレイルも走ってきたので、それもまたレポートします!

高橋ちかのROAD to ULTRA 皆さん応援してくださいね。会場でお会いしましょうー!

 

高橋ちか

2007年2月、ミニアルバム「present」で、全国デビュー。同年、新人ながら日本最大の野外フェス「FujiRockFES07」のAVALONstageに出演。その後も、ガットギター弾き語りのライブスタイルで、東京・千葉のカフェやレストランで年間100本のライブを行い話題を集める。
少しハスキーで柔らかな声と巧みなギターワーク、リアルとファンタジーが交錯するソングライティングが武器のオーガニック・ソウル、ネオ・アコースティック系シンガーソングライター。
通算6枚目となるアルバム【LIFE】は、日常にあるHAPPYをテーマにしたメッセージと都会的にアレンジされたポップミュージック。高橋ちからしい軽快なポップサウンドが完成!今後の活動が益々見逃せない!

オフィシャルホームページ http://www.takahashichika.com