Header-image

Back Number: Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7


Vol.5

rtu_vol05_001

6月14日に行われた『菅平スカイライントレイルランレース』

スカイハーフ21kmに参加してきました!

初夏の菅平高原はとてもキレイだった~!
序盤はゲレンデを登って、遠くの山々まで見渡せる空と緑の景色。

コース上には牧場エリアがあり、なんと牛さんが行く手を阻む場面も。。
避けようと思ったら、超巨大な糞に足が埋まりました。。。
そんな運が付いた靴で(泣)最高地点2128mの小根子岳を目指します。

rtu_vol05_003

登りは不安定な浮き石がごろごろで、なかなか頂上が見えなくてかなりキツかったですー!!
ようやく小根子岳、頂上に着いてほっとしたのも束の間、そこからゴールまで6kmの長ーい下り!
目の前の足場&景色がどんどん変わっていって、一心不乱に走る私はイノシシになった様な気分でした!
下りも大きなゴツゴツ岩がいたるところにあって、一瞬でも集中が途切れて転んでしまったら、大怪我してしまいそう。。ギリギリ集中力を保ち、なんとか下りきりましたーー!
後半ずっと下りだったので、思いの外あっという間に終わってしまいましたー!
3時間50分でゴール!もう少し走りたかったなーー。
登りはあんなに辛かったのに、ゴールするとその辛さを忘れてしまう不思議なスポーツです。

rtu_vol05_004

42kmの優勝は21歳、噂のニュースター上田瑠偉選手!
まっすぐな眼差しに山ですれ違って、もーー心鷲づかみにされました><
ワイルドなトレラン男子、ほんとにカッコイイです~っ!

菅平スカイライントレイルランレースは、
肩まである葉っぱをかきわけて、ごろごろ岩を踏みしめて、たまには糞も踏みしめて
私が今まで参加したどのコースよりワイルド!!すごく楽しめましたよ!!
 


rtu_vol05_005

そして、7月5日には
私がイメージアーティストをしている長野県長和町姫木平で開催される
『美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ』にも参加してきました!

私がトレランと出会った場所でもあるこの大会。やはり特別な想い入れがあります。
ゴールしてから後夜祭でのライブもあるので、今回はライブに備えて短めの14km。
サポートミュージシャン パーカッションの佐小田亘さんも参加!

rtu_vol05_006

招待選手には、トレラントップアスリートで私の憧れのお姉さん西田由香里さん!
お揃いのマムートウェアです!

美ヶ原のコースは、ゲキ坂あり、最高の稜線あり、ホントに見所が多いの~
実は去年も走っていて、1番好きなコース!!すごく楽しみにしていました♪

最近走ってると沢山の方に話しかけられる様になりました(^^)
同じようにトレラン始めたばかりの方だったり、今期、何回も山で会ってる方も!
『ちかさんいるから、この大会エントリーした!』って言って下さる方もいます!
一緒に声を掛け合って走ると、初めてあった人でも仲間になれる気がするよね。
そんな出会いがあるのも、トレランの魅力かな。

rtu_vol05_007

キツい坂を登って登って、待っている景色!
ツラさの後だから、感動もひとしお。しかも下りでラクーーー!爽やかーー!
『ひゃっほうーー!!』と両手を広げて叫びたいような気持ちになります。笑
大人になって忘れかけていた感覚に、ここでは出会えるんです!

14kmだったから、あっという間にゴール!
ゆるく走ったけど、少しずつ順位も上がってきたよ^^
短い距離じゃ物足りなくなってくるっていうベテラン達の気持ちが、少し分かる気がします、、

rtu_vol05_008

後夜祭には間近で大迫力の打ち上げ花火!!
そして高橋ちかライブ!歌ってる途中で最後のランナーが帰って来て、みんなで拍手で迎えました。
感動しましたね。最後は全員で乾杯!!2015年の夏の思い出がまたひとつ出来た気がします♪

4年前にこの美ヶ原のトレランに、飛び入りで歌いに来た事が全ての始まり。
走るの大嫌いだった私だけど、まさかこんな自分になるなんて思ってもみなかったよ!
本当に不思議です。ぜひもっと色んな人にこの楽しさを知って貰いたいなー!

今年はあと何回走れるんだろう^^
これからは少しチャレンジして行かなきゃ!次回のレポートもお楽しみに!

 

 

高橋ちか

2007年2月、ミニアルバム「present」で、全国デビュー。同年、新人ながら日本最大の野外フェス「FujiRockFES07」のAVALONstageに出演。その後も、ガットギター弾き語りのライブスタイルで、東京・千葉のカフェやレストランで年間100本のライブを行い話題を集める。
少しハスキーで柔らかな声と巧みなギターワーク、リアルとファンタジーが交錯するソングライティングが武器のオーガニック・ソウル、ネオ・アコースティック系シンガーソングライター。
通算6枚目となるアルバム【LIFE】は、日常にあるHAPPYをテーマにしたメッセージと都会的にアレンジされたポップミュージック。高橋ちからしい軽快なポップサウンドが完成!今後の活動が益々見逃せない!

オフィシャルホームページ http://www.takahashichika.com