Header-image

  • HOME »
  • GROBAL TOUR »
  • ICON Ultra GreenRace Hong Kong 75K Ultra Trail Raceに出場

ICON Ultra GreenRace Hong Kong 75K Ultra Trail Raceに出場

201841日、香港で開催されたICON Ultra GreenRace Hong Kongに出場してきました。

今回は、「信州トリプルマスタークラウン」の招待選手としての出場だったのですが、まさか自分が海外のレースに出場するなんて想像だにしなかったので、もの凄く楽しみでしたが、その反面、現地の事情も分からないので不安もありました。

レース会場は、賑やかな街からは離れた場所で香港ロクユン(HLY)のカントリークラブ(ゴルフ場じゃないですよ)で日本のレース会場みたいな各メーカーのブースがある訳でもなく音楽を流している訳でもなく、本当に質素で選手達も凄くリッラクスしてスタートを待っている感じでした。私は、緊張してましたけどね!

スタート時間が近づき、主催者のマーティンが『もうすぐスタートだ! みんな集まって!』みたいな事を言って、選手を集め注意事項と今回同行されたFieldsの野々山代表を紹介して『スタートカウントダウン5でいくよ!』

その間、23分・・・っで! スタート!!

スタートして、約2kmほどロード走って「さぁートレイルへ!」と思いきやコンクリートの階段!! これがひたすら登る登る!! また、この時期の香港は初夏で暑いし湿度が高いんです。でも、登りきると景色は最高! 山の中でしか走ったことのない私には、眼下に海を見ながら走れるのは新鮮で興奮しました。そしてUP&DOWNを繰り返し海際を走りまた山の中へ・・・。

正直ここからが、きつかった! 40km辺りから両足が痙攣しはじめ、50km辺りで熱中症っぽくなりリタイアが頭を過ぎりましたが、このコースは自分より前の選手とすれ違う場所が2箇所あり、そこで「High touch!」と言葉を交わしてすれ違う!! 気持ちよすぎですよ!! 一番残ってる言葉は「Keep Going!!」っと言ってハイタッチして凄い勢いで登って行った選手の言葉!! ほんとこの人達は、苦しくても真剣に楽しんでいるんだと知ったら立ち止れないですよね。でも、本当に救いだったのが、CP64時間以上待っていてくれた北村さん(日本から一緒にレースに参加された方)に会った時、本当に嬉しかった!!  CP6にいるボランティアスタッフも盛り上げてくれて、絶対完走はするぞって気分にしてくれた事に感謝!

ここからゴールまで18km、さらに続くUP&DOWNで自分が本当にコース上を走っているのかすら分からない感じでした。なにせ日本と違い誘導テープやコース看板が圧倒的に無いんです。

CP71km手前の道路に出たところでTHE GREEN RACEStaffのイワンが「Mr YODA! Good Job!」と言って、CP7まで並走してくれて、またそこのStaffの陽気なこと! こっちの疲れた気分を消して明るく元気にして送り出してくれました。あと、9kmもう辺りは暗くなりヘッドライトを付けてひたすら進み、また登りの階段・・・このコース登りの9割は階段だなっと思っていたら何やら灯りが見えてきて周りを見たら眼下に港と街の夜景!! 思わず立ち止まって写真撮っちゃいました!! いや~綺麗でした!!

なんとかゴール間近まできたら野々山代表が待っているのが見えて、つい「ただいま~!!」って叫んでしまいました。ゴールしてからもStaffのみんなが行く先々で「Congratulations!!」と笑顔で迎えてくれたのは本当に嬉しかったです。

今回は本当に良い経験になりました。また、海外のレースで走ってみたいそんな目標ができました。

今回、お世話になったFieldsの野々山代表やレースでご一緒した北村さん、4日間本当に色々と手配していただいたShimpeiさん、この場を借りて心より感謝いたします。

2018415

依田 修治