少しずつ日常を取り戻すも、自然の復元には年単位の歳月が

 

 最初の台風15号が千葉を襲った日から2ヵ月が経ちました。
 未だになぎ倒された木々は無残な姿をさらし、崩落した山は地肌がむき出しのまま。
 その後も立て続けにふたつの台風の襲来を受け、千葉一帯は百年に一度あるかという壊滅的な災害に見舞われ、甚大な被害を被りました。
  房総半島の付け根に拠点を置くフィールズも、長期間の停電や社員の家が浸水するなどのダメージを受け、12月に予定する房総半島横断レースは中止を余儀なくされました。

 西日本・広島の豪雨、北海道・胆振東部地震など、仕事でよく訪れる地方で偶然その惨状を目にすることはありましたが、まさか千葉がこれほど悲惨な状況になるとは予想だにしませんでした。
 “対岸の火事”と思っていたことが、いつかは自分の身にも降りかかるということを思い知らされました。
被災した地域は徐々にもとの日常を取り戻しつつありますが、傷んだ自然の復旧にはまだ多くの時間を要する状況です。
 房総の山々が復元されるのに何年かかるかわかりませんが、地元有志の方々や献身的なボランティアの皆さんとともに、少しでも早く元の姿を取り戻せるよう、ねばり強く取り組んでいく覚悟を新たにしています。

 

 

スポーツの力で復興のためにできること

 

 この秋の度重なる台風被害で、千葉もさることながら全国の多くの地域で祭りやイベントが中止に追い込まれました。一方でなんとか早く立ち直るため、イベントで気運を盛り上げようという動きが各地で出てきています。
 これまでトレイルランレースの開催でお世話になっている鋸山では、地元の保全活動団体「金谷ストーンコミュニティ」
が中心となって、多くのボランティアを募り登山道の復旧を行なっています。



  (鋸山復興プロジェクト 登山道整備中の模様=https://www.magisto.com/video/KigiQAddHQM_fisBDmEwCXl6

 

 11月23日には地元有志とボランティア、フィールズが一丸となって鋸山周辺のトレイルや林道の整備を行います。当初計画していた房総半島横断レースに代わり、皆で切り開いた鋸山の山道で12月に復興イベントを開催することになりました(以下参照)。  

 

【復活!房総鋸山トレイルランレース】詳細・お申込みはこちら
大会ホームページ=https://coast-to-coast-trail.com/nokogiri2019/
【復活!鋸山 登山道整備ボランティア】応募はこちら
イーモシコム=https://moshicom.com/35904/

 

 また、来年2月29日・3月1日には、南房総の5つの市と町で南房総・復興支援イベント 「房総半島横断ウルトラウォーク・Coast to Coast Ultra Walk」を計画しています。
 早春の南房総の海岸線を一昼夜歩き通すもので、台風の被害が最も大きかったこの地域が少しでも早く笑顔と元気を取り戻していただくことを目的に、地元の皆さんと一緒に取り組めるよう準備をしています(*詳細は近日公開予定)。

 イベント開催を通じて地域にどれだけのお力になれるかわかりませんが、私たちができる復興のための取り組みを今後も行なっていきます。
  一人でも多くの皆さまのご支援をいただければ幸いです。

11月14日
フィールズ代表
野々山 晴之