昨年9月に房総半島を襲った台風15号から5ヶ月が経とうとしております。今までかつてない暴風に襲われ甚大な被害を受けた鋸山、周辺の観光へのダメージは計り知れず、また地元富津市と鋸南町がこの山を日本遺産に申請しようと手続きを進めている矢先の出来事でした。
 このような中、地域の誇りである鋸山を何とか再生させたいと活動する地元の支えとなり、その大きな原動力となったのが、皆様より頂戴した房総鋸山トレイルランレースの募金でした。ご支援いただいた全ての皆様に心より深く感謝申し上げます。多くの皆様からの物心両面のご支援で、甚大な被害を受けた鋸山は予定を上回るスピードで復旧が進んでおります。
 しかし台風が残した爪痕は大きく元の通りに復興するには相当な時間がかかりそうです。でも私たちはこれからも房総のシンボル鋸山が多くの皆様にとって、大切な人との思い出の場所、喜び溢れる山であり続けられるよう活動を続けてまいります。引き続き皆様には温かいご支援をいただければ幸いです。
 結びに、皆様のスポーツを愛する気持ち、自然を愛する心に深く敬意を表すると共に、アスリートの皆様の人生がさらに豊かになることを心よりお祈り申し上げ御礼のご挨拶とさせていただきます。

令和2年2月吉日
房総横断・鋸山トレイル実行委員会
鈴木裕士

大勢の方々のご参加とご協力により、大会での寄付金総額は「514,422円」となりました。
この寄付金は鋸山整備事業費として有効に活用させていただきます。
この場をお借りして、お礼とご報告を申し上げます。